不動産投資情報なら「初心者歓迎!不動産のあれこれ」
 

menu

トップページ

不動産購入

購入の頭金

仲介業者@

仲介業者A

お問い合わせ

仲介業者@

仲介業者に物件を紹介してもらうのもいいでしょう。しかし、その際には仲介手数料がかかります。

仲介業者について

基本的に不動産の仲介業者とは、物件を売りたい売主と物件を買いたい買主の間に立って、買主側に物件情報を送ります。そして、買主側はその物件情報を見て購入したいとする場合に、売買(賃貸)契約をまとめる業者をいいます。不動産仲介業者は、この際に払われる仲介手数料を収入としています。また、契約をまとめたことによって、売主側からも手数料を貰うことが多いようです。

不動産仲介業の場合は、不動産を右から左へ提供することが主な仕事ですので、買主の消費者側の多種多様なニーズを収集し、買主が望んでいる物件の情報を提供します。不動産仲介業者はお部屋を紹介して、その仲介手数料を貰うことによって成り立っていますので、そのため、一部の業者は、大家に迷惑が掛かることが予測できても、強引に入居させてしまうことも、「今、契約しないとなくなりますよ」と脅かす場合もあるそうです。

ただ、いくら仲介業者がチラシを出そうと、お客さんが相談に来たとしても、契約までに至らなかった場合は、ボランティアとなってしまいます。しかし、そのぶんの 見返りはあるそうですが、不動産を購入、または、借りるは顧客次第なので、仲介業者からはなんともできないのです。そのため、上記のような問題が起きてしまうこともあるのです。まぁ、全てではなく、ごく一部なので、落ち着いて対応するべきでしょう。

Valuable information



最終更新日:2019/5/23

↑ページの先頭へ↑

Copyright (C) 不動産のあれこれ  All Rights Reserved