不動産投資情報なら「初心者歓迎!不動産のあれこれ」
 

menu

トップページ

不動産購入

購入の頭金

仲介業者@

仲介業者A

お問い合わせ

購入の頭金

元将棋用語だった「頭金」、今では何かをローンで購入する場合、先に支払うお金のことを言います。

頭金の準備

不動産を購入するときには、頭金の準備が必要と考える人は多いと思います。基本的に千万円以上するような家のお金を一括で購入できるような方はそんなに多くいません。そこで頭金が出てきます。頭金とは、その不動産の金額のいくらかを先に支払って、残りをローン会社に出してもらうといったパターンが一般的です。つまり、お金のほとんどをローン会社に出してもらい購入するというわけになります。

この場合、ローン会社に借金して、購入したという形になりますので、毎月、少しずつ金額を返していくことになります。少し前までは、頭金は2割必要と言われていましたが、この理由は、ローン会社から借りられる金額が資産の8割とされていたためです。家を資産とした場合、その8割ですから、8割と頭金の2割で10割、つまり、全額という事になります。この借りられる金額が8割というのは何が根拠だったのかはわかりませんが、そのため2割とされていました。

今では、2割未満でも購入できるのですが、もともとが2割という事があったため、また、ローンの支払いなどを考えた場合、2割と言うのは妥当な金額と言えるかもせれません。しかし、それができないという場合には、2割に多少届かなくとも、構わないと言う状況になってきていますし、最近では、頭金0円での購入もできる所もあるそうです。その代わり、その不動産会社とローン会社が提携している会社でローンを組む必要があるそうです。

しかし、頭金はあれば、間違いなく有利ですので、できたらある程度準備しておくべきです。方法としては、親や親類からの資金の援助、借金などがあります。場合によっては共通名義にすると言う形取ることもできます。頭金を準備する方法はいくつかありますが、どうしてもできない場合には、上記のような、頭金0円での購入を頼るか、購入する価格の引き下げを検討しましょう。

頭金と買い時

基本的に、金利が安いときが買い時ということが多いのですが、なぜだと思いますか?金利に関係するからです。現在の金利は、不況のために、とても低いことは知っていると思います。実はローン利用する場合は、金利分をプラスして払わないといけないのですが、現在の低金利を長期固定で借りることができるので、利息分の金利がグッと減らせるので、今が買い時と言われています。

ただ、最近の不動産会社では、売り渋りと言った現象が出ているそうです。簡単に言えば、金利を高いときに買ってくれたほうが嬉しいからでしょう。ローン会社と提携している場合、ローンを紹介すれば、数%のお金だけで、何万円もの利益が変わってきます。そのため、売り渋りが発生してしまうのです。もし、あなたが物件を買うつもりなら、ちょっと強気で攻めてみましょう。

注目サイト

軽井沢 土地
https://www.shinkofudousan.jp/

Last update:2016/9/28

↑ページの先頭へ↑

Copyright (C) 不動産のあれこれ  All Rights Reserved